ゲームピコピコみピョコピョコ。

ポケモン・カービィをはじめ、ゲームについての情報がメインのブログ。

初心者向け【Identity V】ハンターから時間を稼ぐ5つのコツ&初期設定

『Identity V』を始めたばかりの方は、ハンターからうまく逃げられなくてすぐ捕まる…という方もいるのではないでしょうか。 

 私もはじめは逃げ方が分からなかったのですが、プレイしている内に少しずつコツをつかんできたので、今回はサバイバーでのチェイスが苦手な方向けに、ハンターから時間を稼ぐコツをまとめてみました^^

 

 

カメラ・衣装の設定

まず、はじめに設定しておきたい設定から。

歯車(設定)>ゲーム>カメラコントロールオン
進行方向を変えず、カメラを動かすことができる設定です。

これをオンにしておくことで、走りながらもカメラを回してハンターの姿を確認することができます◎

歯車(設定)>ゲーム>衣装・携帯品効果をハンターに見せる>オフ

サバイバーの着る衣装の中には、色鮮やかで隠れるには向いていない衣装もあります。

ですがこの設定をオフにしておけば、ハンターに着替えた衣装を見られる心配が無くなります!

 

まっすぐに逃げない

 サバイバーが1番不利なのは、一目散にまっすぐ逃げること!

ハンターの方が足が早いのですぐに追いつかれて、ダウンさせられてしまいます。

くるくる回ったり、あえてハンターの方へ向かい空振りを狙うのもありです。

 

板の前でハンターを見る

 板を通り過ぎるとハンターが来ないようすぐ板を倒したいところですが、一度カメラを回してハンターの様子を見ましょう。

ハンターが板の前で来るようであれば、タイミングに合わせて板を当てやすくなります。

 

板や窓はどんどん活用

 はじめはとにかくハンターから逃げて距離を置きたいと思うかもしれませんが、逃げている途中で板を倒したり窓を乗り越えたりすることで、ハンターから逃げ切りやすくなります。

月の河公園(遊園地)では、滑り台を登って滑ってを繰り返したり、ジェットコースターに乗ったりしても時間を稼ぐことができます◎

 

隠れてやり過ごす

 始めは意外と気づかないのですが、ハンターが暗号機に近づいていることが分かったら、少し離れた壁の後ろでしゃがんで隠れたり、近くのロッカーの中に隠れたりしてハンターをやり過ごすのもありです!

ハンターをやり過ごすことができれば、ハンターがすぐにもう一度その暗号機を探しに来る可能性も低いです^^

注意点としては、自分の姿がハンターに見られてしまっていた場合、ロッカーを開けられてしまうと即風船に吊られてしまうので、ロッカーに隠れる時はお気をつけください。

 

おわりに

参考になったものはありましたでしょうか?

少しでもサバイバーの生存率に貢献できれば幸いです^^

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。