ゲームピコピコみピョコピョコ。

ポケモン・カービィをはじめ、ゲームについての情報がメインのブログ。

【PC版 Identity V】はPCゲーム初心者でもプレイできる?PC版の操作方法、メリット・デメリットなど。

先日、DMMから待望の『Identity V』のPC版がリリースされましたね! 

 私も早速ダウンロードしてプレイしてみました。

 

私はPCで操作するゲームはあまり得意ではありません…^^;

 今回は、そんな私でもPC版『Identity V』がプレイできるのか、PC版でプレイするメリット・デメリットをまとめようと思います。

 

 

PC版『Identity V』の操作方法(デフォルト)

PC版『Identity V』では操作方法をカスタマイズできますが、デフォルトでは以下のキーになります。

また、カメラはマウスで操作でき、サバイバー・ハンター別に”マウス反応度”を調整することができます。

 

共通

前進:W

後退:S

左に移動:A

右に移動:D

障害物を乗り越える:Space

設定画面スイッチ:ESC

定型文呼出:C

定型文1:テンキー1

定型文2:テンキー2

定型文3:テンキー3

定型文4:テンキー4

定型文5:テンキー5

定型文6:テンキー6

アクション円盤呼出:Z

落書き:X

ボイス録音スイッチ:F7

ボイス送信スイッチ:F8

ジェットコースターを左から降りる:A

ジェットコースターを右から降りる:D

 

サバイバー

フィールドでの操作:Q

仲間を治療:E

QTE調整:Space

風船で左側から抵抗:A

風船で右側から抵抗:D

ダウン自己治療:Space

歩く/走る切替:Shift

しゃがむ:Ctrl

道具1使用:1

道具2使用:2

道具1切替:F1

道具2切替:F2

ハンターの作ったものを解除:T

芸者注視:マウス右クリック

クモの巣の破壊:マウス左クリック

カウボーイが背負った仲間を降ろす:F

まゆ包みから仲間を救出:R

オルゴール形態切替:Alt+1

 

ハンター

通常攻撃:マウス左クリック

フィールドでの操作:Q

サバイバーを風船に縛る:E

サバイバーを離す:F

スキル1使用:1

スキル2使用:2

補助特質使用:3

道具使用:4

道具切替:F4

パペット回収:R

もらい火使用:T

もらい火パペット1:F1

もらい火パペット2:F2

まゆ包みの刑:R

網を張る:T

推進機セット:F3

改造ドリルセット:F2

翼セット:F1

巡視者が噛み付く:マウス左クリック

オルゴール破壊:G

 

メリット

大画面で画面が見やすい

f:id:roma86n:20181119151316p:plain

まずスマホ版と圧倒的に違うのが画面の見やすさ

画面が大きい分、逃げるサバイバーも見つけやすく、自分の指で画面が遮られることもありません^^

PCの環境によって差はあるのかもしれませんが、グラフィックもスマホ版より美しく感じました。 

 

カメラの動きがスムーズ

 PC版では、カメラ操作はマウスで行います。

マウスでカメラを操作すると、ニンテンドースイッチのジャイロ機能のように視点の切り替えが自由に感じられました。

敵に向かって突進する、ハンターだと”道化師”やサバイバーの”オフェンス”あたりのキャラクターがPC版では有利なのではないかと思います。

 

デメリット

とにかく使うキーが多い!

 PC版の操作方法を見て勘付かれた方もいらっしゃると思いますが、とにかく使うキーが多いです。

f:id:roma86n:20181119153341j:plain

こちらは共通の操作方法の一部を図にしたものですが、これだけでも結構複雑ですよね^^;

スマホ版だと、すべてタップで操作できるのですが……

これに加えてサバイバー・ハンター別の操作、そして特定のキャラクターだけが使える操作もあるので、はじめてプレイした方は操作に戸惑うのではないでしょうか。

私も操作を練習してみたのですが、もともとPCゲームが得意ではないので、操作を覚えるまでにかなり時間がかかりそうだと感じました^^; 

 

酔いやすい方は要注意

マウスで動かすカメラの動きがスムーズな分、酔いやすい方は要注意です…!

マウスの反応は設定で調整できるので、酔いやすい方はあらかじめ”マウス反応度”を調整しておくことをおすすめします。

 

おわりに

PCゲーム初心者の方は、PC版『Identity V』の操作は慣れるまで難しいと感じました。

私もメインはスマホ版でプレイしつつ、少しずつPC版を練習していこうと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。